2004 東京国際自転車展 折畳自転車 DAHON ダホン 通信販売 自転車部品
資料のページ
 
2004 東京国際自転車展
 通販トップページへ ホームページへ 2004/11/19
 
DAHONの続き。

HELIOS SLです。ハンドル・バーにライズがついて、
残念ながら格好悪くなりました。
ハンドル高を変えられなくなったのをカバーするためでしょうか?

これ以外にもライザー・バーが使われているモデルが多く有り、
せっかく04モデルで格好良かったものが、ママチャリになってしまいました。 

せめて、サドルは上げて欲しかった。
ロゴがちゃんと写りませんでしたが、コルナゴです。

COLNAGO C-50 Dura-Ace Model \810,000

一家に一台いかがでしょうか。

ちなみにカンパ・レコードモデルは \1,050,000でした。
これも写りが良くありませんが、コルナゴの(多分)ショーモデルで、フレームに細かいデザインが施されています。

BRERA ARTというネーミングで、\1,250,000のお買い物です。
Eminenzaのショーモデルです。

台ごとクルクル回っていて、撮りづらかったです。
実車はもっと深い赤色でした。
ご存知インターマックス代表の今中大介氏のトークショーです。
ライトで白く飛んでいるのが今中さんです。

けっこう沢山の人が集まっていました。

始まる直前、時間に遅れた今中さんが会場を走っていて、目が合ってしまいました。不遜な私は、思わず「オッ、今中だ!」と呼び捨てにしてしまいました。
ツールにも出場しているアレッサンドロ・ペタッキ選手のサイン会も行われたようです。

これは見逃しました。
シマノはさすがに大きなスペースを取っていました。

この裏側ではシューズのサイズ・フィッティング・サービスなんかをしていました。
12月末からデリバリーの始まるULTEGRAです。

前のデザインの方が良かったのに・・・。
 前のページへ  次のページへ