2004 東京国際自転車展 折畳自転車 DAHON ダホン 通信販売 自転車部品
資料のページ
 
2004 東京国際自転車展
 通販トップページへ ホームページへ 2004/11/19
 
こちらは場外の自転車屋さんのアウトレット会場。

油断ならないのは、全部が格安品では無いところ。

確かに格安の品物もありますが、雰囲気に流されて定価や実勢価格を知らないでお買い物をすると、あまり良くないかも。

でも、「地方の自転車屋さんがここで買い物をしていた」との話を聞いたことがあります。そりゃまずいでしょ。
アウトレット隣の場外試乗コーナー。今日は雨で休業でしたが、各メーカー提供の最新型自転車に、好き放題乗ることができます。

例年の金曜日は、ネクタイをなびかせたスーツ姿の方々もいらっしゃいます。
こちらはミヤタさんのブース。koga miyataのレーサーが、チームカーに積まれて展示されています。

国内最大のアンカーさんももちろん出ているのですが、人が多くて撮りませんでした。

って、ミヤタさんの周りに人が少なかったってことじゃ無くて・・・。
いきなりですが、カンパレコードです。

やっぱりイタリア人の造形美に対するセンスは、日本人とは違うようです。機能だけでなく美しさを兼ね備えた点では、シマノと一線を画していますね、値段も。
DE ROSAのNeo primato、\406,350です。

またちゃんと写真に写っていないのですが、ブルックスの皮サドルがクラシカルな雰囲気を醸し出していて、ちょっと気に入ってしまいました。
DE ROSA KING Lite、\1,218,000です。

私に買い与えてもらえるなら、こちらにしてください。
リカンベントもいろいろ出ていました。写真はこの1枚しか撮っていませんけど。

不勉強で申し訳ないのですが、リカンベントで坂を登るのはどんな感じなのでしょうか?
お持ちの方がいらっしゃれば教えてください。

(→ある方からお返事を頂きました。やっぱ、ダメだそうです。)
FSAのカーボン・クランク。8万円くらいだったと思います。

(8万円ので良いから、新しい自転車が欲しいなぁ〜・・・
シマノのオートマのママチャリとか。)
来年も11月上旬にやるそうです。
今年以上につまらなくならないよう期待しています。

大阪で行われているサイクルスタイルというショーを、来年東京(と言っても幕張らしいですが)でも行う構想があるそうです。
さぁ、どっちが生き残るでしょうか?
帰りの水上バスから見た、東京湾の夜景です。

やっぱり、イオンの安いデジカメじゃダメですね。
 前のページへ