埼玉県 川口市 川口市立科学館 特別展 自転車展 折畳自転車 DAHON ダホン 通信販売 自転車部品
資料のページ
 
川口市立科学館 サイエンスワールド 自転車展
 通販トップページへ ホームページへ 2004/12/9
 前のページへ
1950年、日本製 運搬用自転車

そう言えば昔、こんなゴツイ自転車が街を走っていたような気がします。

大阪の自転車製造組合の検印ステッカーが貼ってあり、
チェーン・カバーにはプレスで「ウエルビー号」の文字が誇らしげに浮かびあがっていました。
こんな自転車に乗っていらした方も多いのではないでしょうか。

1982年、ブリジストン MONTE-CARLO

なんと6段変速です。

返す返すも残念なのは、リアにフラッシャー(若い方は分かりませんね)が装備されていないことでしょうか。
社会問題にもなった「セミ・ドロップハンドル(確かスワロー・ハンドルとも呼ばれていたような記憶が・・・)」と、トップ・チューブの変速レバーが郷愁を誘います。

父親のお下がりで、一時期こんな自転車に乗っていました。
ちょうど30年位前のことです。

シフトレバーにはShimano SL-PF60とありました。
最後に会場にあった年表の書き写しです。

 ・1818年 自転車誕生 ドイツのドライジーネ:初の2輪車で、ハンドル、サドルを備えた木製)
 ・1861年 ミショー式2輪車:初のペダル式自転車で、工場で量産された最初のモデル
 ・1870年〜1890年 巨大前輪のオーディナリー隆盛。
 ・1885年 セーフティー型誕生:前後輪が同径に。
 ・1888年 ダンロップが空気入りタイヤを発明。
 ・1896年 フリーホイールが発明され、こがなくても進むようになる。

常設展と合わせて200円のわりには楽しめました。
 前のページへ